メルボルンへワープ(ウルル 〜 メルボルン)

2018年11月11日 ウルル〜メルボルン

今日はメルボルンへフライトの日。

フライト時間は12時くらいなので、時間に余裕はある。

まぁパッキング作業があるので、なるだけ早く起きましたが。

こういう時に便利なのが折りたたみ自転車。

パッキングは簡単に出来ます。

飛行機なので、箱に入れてがっちりパッキングして運びたいとこですが

どこで箱を手に入れるのかってのがありますし、また箱にしっかり入れるの面倒くさい。

せっかく折りたたみ自転車にしたのに、パッキングに時間かけてたら意味ないかなと。

てことで思い切って、輪行袋のまま運んでみる事に!

でも、ビビりなので多少はガードします。

意味あるかわかんないけど、ラップでグルグル巻き。海外の空港で見た事あるやつ。

そして、スリーピングマットでガード。

キャリア等もガードになって意外と大丈夫そう。

とりあえずその状態で行く事に。

キャンプ場からバスが出てるので、バスで空港まで。

空港は人が多い多い。

かなり小さい空港なのに人は多いです。

最後の方に並んで、1時間くらいでようやく順番が。

ここで、受付の恐そうなおばちゃんから

「キャンプストーブ持ってる?」

って聞かれる。

一瞬、持ってない!って言いかけたけど、やっぱり持ってると言いました。

そしたらボトルとストーブ出すように言われる。

あ、これはヤバイやつや。

全然考えてなかった。

とりあえず中身は出してたので、大丈夫かなと

思ったんですが。

おばちゃん有無を言わさず没収。

マジか!

中身入ってないよってアピールするも聞いてくれず。

ボトル没収されるのは痛い。料理できないし。また新しいの買わないといけない。

まだ新しかったのに。

この後また飛行機乗る事あるのに、今後どうするか考えないと。

とりあえずいきなり沈んだ気持ちでフライトへ。

飛行機はジェットスター。

日本のジェットスターはそんな印象悪くないけど、こっちのジェットスターはあんまり印象良くないです。

安いなりなサービスの感じ。

さらばウルル

メルボルンへは2時間くらいのフライトでしたかね。

あっという間に到着。

上から見てたんですが、オーストラリアって海岸近くまでほぼほぼ原野みたいな感じなんですね。ほとんど木がない。乾燥しまくり。

もっと海岸近くは森林が広がってると思ってた。

これはメルボルンからアデレードまでも、高温乾燥が続くのか…

とりあえずメルボルン到着してからは、自転車を広げる。自転車はなんもなってない!

ただカバーしてたマットに一部穴が開いてました。荷重が底部の一点にかかってたみたい。そこは対策しないと。

折りたたみの利点。組み立ては簡単。

すぐに走り出せました。

メルボルン車めっちゃ多い。

あとやっぱ寒かった。まぁでも自転車で走るにはいい気候。ジャケットを一枚着て走行。これはこれから先、今までより楽に走行できそうだ!

あと空港は自転車が来る事想定してないのか、自転車が走れる道が少ない。

道を選びながら走行。

とりあえず、目星つけてた郊外のキャラバンパークに向かう事に。

途中でっかいカンガルーに会いつつ

キャラバンパークまで到着。

メルボルン近郊で10ドル!という安いキャラバンだったので、まぁ施設はそれなり。

テント張るとこめっちゃ狭い。

テント張って、隣のマックで食事しながらWi-Fi。都会はこれがいいですね。

結構遅くまでマックにいて、キャラバンに戻り就寝。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP