自転車で旅に出る理由

こんにちは。TOMOです。

さて、自転車で旅に出る理由なのですが

前回の記事でもちょこっと書きましたが
自転車だと、ゆっくり自分のペースで進む事ができて
車等では飛ばしてしまうようなローカルな所を見て、現地の人と交流する事もできます。

バックパッカーだと公共交通機関等の時間に縛られますし
なかなか自分の好きなとこに自由に行けないんですよね。
だいたい、みんなが行くような場所になってしまうというか。

でも、バックパッカーを否定している訳ではなくて
バックパッカーだと、すぐに次の行きたい所に移動できますし
自転車と比べると格段に荷物の量を減らす事ができます。
荷物がすくない分はかなり自由度増します。

自転車だと自転車で進まないといけないですし、やっぱりスピードは遅くなってしまいます。
体力も必要ですし、雨の日なんかは苦痛でしかないから進まなかったりします。
自転車だと、ある意味自転車に縛られてしまいます。

正直、どっちも一長一短だなと感じてたのですが
いいとこ取りの方法を思いついたので、その方法で世界一周を行う事にしました。

その方法ですが

折りたたみ自転車で世界一周

という考えです。

折りたたみ自転車だと、すぐに自転車を畳む事ができ
公共交通機関に乗せることができます。

例えば、道がつまらなく飛ばしたい所も
ヒッチハイクやバス等で飛ばす事ができます。

普通のフルサイズの自転車だと収納するのが億劫で、なかなか自転車以外で進もうとしないと思います。
(まぁ場合によってはそのままの状態で、バスや車に乗せれたりしますけど・・・)

この方法で、例えば滞在したい町があれば長期滞在して気が済んだら、交通機関で飛ばす事もできます。
自転車オンリーだと、次へ進まないといけないという強迫観念が出てしまいがちです。

ただ、折りたたみ自転車のデメリットとして
やはり自転車の耐久性や走破性が、フルサイズ自転車に比べ劣るというものがあります。

この問題に関しては、実績のある自転車を選ぶことによって解決しました。

また後ほど自転車の紹介はしますが、私の選んだ自転車は

Bike Friday Pocket Llama

という車種になります。

こちらはアメリカのメーカーのBike Fridayというブランドで
折りたたみ自転車の耐久性、走破性に評判があります。

例として、ドイツ人のHeinz stuckeさんという、なんと22歳から50年以上自転車で旅を続けているという
伝説的な自転車乗りがいるのですが

このHeinzさんが一時期使用していた自転車がBike Friday Pocket Llamaになります。

伝説的な人の走行実績があるので、この情報を信用し、この自転車で旅に出ることに決意しました。

まぁあとみんな選んでるフルサイズ自転車よりも、ちょっと面白いし目立つからね(笑)
そんな理由もちょこっとあります。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP